二ヶ領用水ウォッチング・フォーラム

~二ヶ領用水を愛し、守り、次代へ伝える活動報告~ 二ヶ領用水ウォッチング・フォーラム公式ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

目に見えない汚れ=大腸菌=と戦う(その2)

テーマ「目に見えない汚れ=大腸菌=と戦う」

水辺の景観を創り育て親水性を保全することは、市民の親水生活を担保する上で不可欠なことですが、多摩川及び二ヶ領用水の大腸菌群数値は、親水性に相応しい値を遥かに超えている実態(基準1000に対して50000以上も検出)です。
人間の眼に見えないごみが相手だけに、市民ボランティアにとっては大敵です。

この問題解決は、資金のない市民にとってはもちろん、予算を割いて事業化できる行政にとっても、どうやら簡単ではないらしい。

市民生活に大きな影響があって、その効果が費用対効果が出ないと推進されない!となります。結局、市民の声が複雑な行政を動かさなければ一歩も進まないのです。

このような迷路の中で、世界的にも有効と言われ、数多くの実績のある「EM菌」の活用の実験データについても「効果があるとは言いきれない」などと排他的ともイジメとも言える結論で、市民ボランティアの意欲を踏みにじっているのが現実です。

効果があると言いきれないのなら、そのデータを示すべきですが、それもせずに実験すらさせない! そこには、説明もなければ、納得もない! なかなかツライものがありますよ!

========================阪口拓造==========================
スポンサーサイト

| 提言発信 | 19:17 | この記事へのコメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメント欄















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://19661031.blog79.fc2.com/tb.php/9-c7a9e2db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT